どんなにサッカーが上手くても自分のところにボールが無ければ、何もできません。小学生年代では8人制が主流となっていますが、16人のうちボールをふれることが出来るのは、その一瞬一瞬はたったの一人です。いかにその一人になれるかを意識して、まずボールを奪うことを大切にしています。

ボールを奪うことが出来たとしても、すぐにボールを奪われるようではいけません。いかにキックが上手い選手であっても、事前のドリブルで良い場所に運べていなければフィニッシュは望めません。大切なボールを奪われずに、その先にあるシュート、パス、クリアーという次の目的の為に、しっかりとしたボールコントロール技術を学びます。

サッカーというチームプレイの重要性も伝えてはいますが、それに頼りすぎて個人の責任感が薄れていく事は良い事ではありません。そのため、エバースポーツでは「個人の技術を高めていく」一方で、取られたら取り返すなど「個人が責任持ったプレーをする」ことを大切に指導しています。

 子供たちが自分のレベルに応じて、プレーできるよう様々な形でクラスを設けています。サッカーを楽しみ、そして上手くなる為には、自分に適したレベルでプレーし数多くボールに触れることが重要です。


totoスポーツ振興くじ助成を受けて、活動しています。その活動状況はコチラから。

【運営】NPO法人エバースポーツ

【代表】中嶋 慧(ナカジマ ケイ)

【電話】070-6942-8001

【メール】eversports.kei@gmail.com